© 2017-2020 ishimurafubuki All Rights Reserved. 

  • Twitter
  • Facebook Clean
  • Instagram
  • YouTube
  • YouTube 2
検索

いつもきてくださるみなさんへ

僕が自分の楽曲を演奏して聴いてもらう際に好んで頼りにするのは、今時の、喫茶店の延長のカフェではなく、大音量に耐える音響設備を備えた、ライブハウスという場所です。近隣との関係上おおむね地下にあり、空気の流れの悪い場所であるのが普通です。近年は、嫌煙の風の方が強く、もともとは喫煙所みたいなものだったライブハウスも、原則禁煙になることが多くなったものの、だからといって臭いすべて消してくれるわけでもなく、いやな臭いのたれ込める場所でもあります。

そんなところに、いつも来てくださってありがとう。本当はタバコの匂いだって大嫌いな人たちも、多いのにね。

このたび刻一刻と、そういった場所での長時間の滞在、集合、もちろんそれにともなう最低限の呼吸をも、自主制限をかけなければならない事態へとなりつつあり、みなさんの多くがすでに自主的に、予約のキャンセル通知をしてくださっています。お手数をありがとうございます。

ここで僕自身が、先回りしてとりやめるべきか、と言えば、それは否です。

元々が、文字通りアングラな存在です。なくてもいいし、あったところで、社会に目のつく影響はありません。ただただ開催基準は、お店のオーナーがあり、託された出演者があり、それらの意向のみです。

僕は自分を過大評価できないので、こんな僕に歌わせてくれる場所をありがとう、という気持ちで生きています。だから基本、ライブハウスと行動を共にします。ライブハウスが存在、営業する限りは、僕は歌わせていただきます。

しかしこの度、強くお世話いただいている池袋フィールドの山石敬之さんより、28日からの営業をしばらくとりやめると発表がなされました。明日から二週間ということです。僕が自ら今日のライブのキャンセルをしない意向を汲んでくださったとすれば、これは非常識の誹りを覚悟の営業ですから、少し恐縮してしまいます。

しかし状況から見れば、三週間後に組まれている次回の僕の企画も、ついに開催が危ぶまれる事態となりました。その場合は、残念ですが公演はキャンセルになります。ライブハウスと行動を共にします。

また、来週4月3日の江古田マーキーのライブについて、個人的にはまだ連絡はありませんので、僕は季節の歌を歌う準備をしています。みなさんの多くは、目を耳を疑うことかも知れません。こんな僕でごめんなさい。もちろん、一番大事な自分の生活のために行動してください。今必要なのは、自分の行動に対して責任ある判断を下せる、自分です。ゆめゆめ無益な幼稚で徒らな情報に惑わされないように。僕は、ライブハウスと行動を共にする所存です。

では、3月27日のライブの準備をします。いうまでもなく、ライブハウスだけでなく、いつも集まってくださるみなさんの存在が、今週51歳になりまだ歌っている僕をかたち作ってくれています。いつもどうもありがとうございます。

最後になりますが、現時点、本日の共演者である、オカダケイ、田森理生、相良浩司からは出演キャンセルの知らせを受けていません。それがすなわち偉い正しいと評するべきことでもないことは重々承知の上で、僕は好きです。彼らの社会的立場を考えたら、今日の今はすでに、危うきに近寄るべきではないのですから。


さらにこれこそは完全な余談ですが、今日のセットリストは、さくら三昧になります。さっき教えていただいた、限りなく無益に近いけど、それでもなんだかうれすぃから有益な情報を最後に。



3月27日。今日はさくらの日


日本さくらの会が1992(平成4)年に制定。

3×9(さくら)=27の語呂合せと、七十二候のひとつ「桜始開」が重なる時期であることから。

日本の歴史や文化、風土と深くかかわってきた桜を通して、日本の自然や文化について関心を深める日。

38回の閲覧