検索

おかえりマック

日曜日です。まあ、言ってみれば毎日が日曜日のようなものです。ただしもちろん、もともと自営業者に日曜日はありません。言うまでもなく新規の問い合わせには迅速に対応しなければならないですし、スタッフが休みの間にしかできないこともあります。

だから、特に日曜日がどうの、というのはありません。強いて言えば、例の早朝散歩においてはすれ違う人がとても少ない、日曜日はお休みをしている人が多いという感想くらいでしょうか。代わりに日曜だけ見かける人もあるのですが。


何れにしても、人の営みとは別のペースで、いろんなおうちの人がいろんな花を育てています。それを見て喜べる自分こそが、本来到達するべき道だったはずよね、と改めて思ったり、借景に飛んできたトンボの写真を撮ったりの長閑さはありました。

本も読みました。何もかも憂鬱な夜に。というタイトルの本です。どこかでこの著者のインタビューを読んだためでしょうか、アマゾンで中古を手に入れて置いたものを、わわっと読み切りました。読後は爽やかです。そこが、技術なのだろうなと感心したり。

なんと今日はそれだけではありません。あさがおの種をまきました。去年は日光に恵まれなかったこともあったのか、土が古すぎたのか、驚くほどの不作でしたから、土もかえました。ありったけの種から元気そうなものを選抜して、土に潜ってもらいました。

まさかとは自分でも思いますが、それだけでもありません。いろいろついでに、四谷三丁目にも行ってきました。少しずつ、廃品は処分していきます。埃をかぶったiPad miniとiMacが不憫に見えたので、即刻箱に詰めてきました。

トンボがやってきて、僕は大慌てでiPhoneを取り出し、少しずつ近寄りながら、10枚以上も撮りましたよ。

かつては、水道橋教室用途に小さなウィンドウズマシンを置いていました。ところが、このOS、XPのデータ漏れが問題になった頃があり、当時の生徒さんにそんなに危ないものを使うべきではないというご指摘があったとのことで、iPad miniを買ったのでした。

たしか残高3万強しかないシブイ口座から致し方なく買ったそれも、今や充電が切れたままお役御免。かわいそうだったのです。iMacは、古くてOSをアップデートしていない代わりに、今や開けない2010年以前のデータが開く可能性を秘めています。

そう。はじまらない物語、の、生データを開けられるのではないかしら。という目論見があるのです。これは密かに楽しみにしていたものです。楽しめますように。と、願います。おかえりマッキントッシュ。これが本日の表題です。

随分と働いてしまいました。無為の追求は、ひとやすみの一日です。

0回の閲覧

© 2017-2020 ishimurafubuki All Rights Reserved. 

  • Twitter
  • Facebook Clean
  • Instagram
  • YouTube
  • YouTube 2