検索

お寺の鐘と読経とが鳴り響く丘の上の家での暮らし

家の隣には、お寺があります。どういうわけか歳をとるほど好きになる、墓地もあります。幼稚園が併設されています。その向こうには女子校があります。その向かいには、小学校も。また、家の裏手にはバス通りがあります。航路が変わり、飛行機も頭上を飛びます。

しかし今や、部活動はおろか学校はお休みです。当然幼稚園も休みで、どういうわけか休みに乗じてか、改修工事が始まっています。その工事もお休みになるのは、日曜日です。日曜日は自動車も減っています。するとなんと、読経の声とカネの音が、響き渡るのです。

普段いろんな妨げによって聴こえなかったものが聴こえてくるのも、非日常っぽくて悪くありませんねえ。なんて思ったのは日曜日だったんですよ。しかし平日は、工事をやっていてとてもうるさく、ギターを弾いていても気が散ってしまうほどです。

そして、ああ、ライブがあった週なんだな。今週末は、どんな形でか、ライブ配信をしよう。少しはいい音でやってみたいなあと思い、屋根裏に登り、パソコンカメラを立ち上げ、オーディオインターフェースにマイクとギターをさして、テストをしてみました。

いやあ暑い。今日は暑いなあ。さすが屋根裏。晴れの日はとても暑いです。昨日は雨で身体が冷えるほどだったのに。その中でテストをしてみます。うーん。音が途切れるなあ。こんなことなら予め録音しておいて、ダウンロードしてもらうとか。それではだめかしら。

などと、とりとめなく考えるのはこのところの常態です。いやとりとめがない訳ではないのですがね。目的に向かって考え始めても、なんとなく目的が程遠く感じられて、結果落ち着いた結論にたどり着くことなく、思考があっちこっちに行ってしまいます。

ラジオは松坂大輔デビュー戦の文化放送再放送。ラジオはいいなあ。まるであの頃にいるみたいな気分になれる。それにしても広瀬哲朗も西本聖もそういえば東尾修も、滑舌きびしいなあ。松坂から最初に四球を選んだのは、金子誠。なのかあ。懐かしい。


今日思いついて使えるなあと思えたのは、不要不急のテレワーク。これでいこう。

0回の閲覧

© 2017-2020 ishimurafubuki All Rights Reserved. 

  • Twitter
  • Facebook Clean
  • Instagram
  • YouTube
  • YouTube 2