検索

ラジオを聴きながら

そう。火曜の夜ってのは、シブイオンガクスタヂオでお馴染みのなかむらのぞみが喋ってるわけです。この時間、当たり前の世の中が進行中だったあの頃は、お仕事をしていました。四月以降、せっかくこんなに無為な毎日になったのに、聴きそびれていたのでした。

聴いているよ。まあとにかく、明るい声の人です。最初に来た時からよく笑っていましたが、ラジオでもよく笑っています。なるほど、笑っている声っていうのは、安心です。いつもの、お仕事で馬鹿でかい笑い声が防音室からはみ出るような調子です。

この日のテーマが、最近しらべたこと、なんていうことだったので、じゃあ気になったことを調べてみようってことで調べてみましたよ僕も。僕も二十代だったなあ。あの頃、どこで知り合ったんだっけかなあ、それがどうしても思い出せない人の話。

でも、その本名は覚えていたのですよ。日本でも有数の苗字と日本で有数の女性の名前の組み合わせ、だから、間違いがあってもなくても、探し出すのがとても困難です。ありや為也とは大違いです。あ、僕の名前もユニークですね。その人の名前を探してみていたんです。

なんでかっていうと、なかむらのぞみは今、水戸のラジオで喋っています。だから自然と、思い出すわけですよ。そのかつての知人。水戸にあるサッカーチームの応援の歌を作ったらしいよ、という話を聞いたことがあったんです。日立出身だしね。

で、探すわけです。本名で。これが失敗の元でした。見つかるわけないじゃん。芸名なんだもん。ああ。そうか。そりゃそうか。そりゃそうだよ。そのままじゃ探し出しにくいもん。それにしてもリリースの頃には僕は芸名も知らないくらい疎遠だったんだな、と思い出します。

はい。この思い出話のシメ。どういうわけか僕のライブの時にその場にいて、私も出たいと即言いだして、出始めたんでした。四谷コタンに。そうです、継続させたい人たちによる支援総額現在2,637,000円のコタンの前身のお店です。


自販機に登場。マスクは軽すぎるので、ジュースと抱き合わせで落ちてくるらしい。試しに買えばよかったかな。

調べ物って、かつてはこんなに手軽じゃなかった気がするよね。って〆ようと思ったら、たった今、ここに書いてた話をそのまんま、なかむらのぞみに送っておいたテキスト、そのまんま読まれてしまいました。

そのまんま読むなよ。

あ、わ。なんでその人と疎遠になったか、すごい勢いで思い出してしまいました。これは、書けない。書けない。書けない話って、あるんだなあ。ってことを思い出したついでに書いて送ったけど、絶対に

そのまんま読むなよ。

わ。わ。書き忘れそうになりました。ツイキャス、5月22日金曜日の夜に、再度行いたいと思います。もちろんタイトルは、不要不急のテレワークです。が、その頃は不要不急も許可されてたりして。ないね、ないない。ないぞー。不要不急に変わりなし。

28回の閲覧

© 2017-2020 ishimurafubuki All Rights Reserved. 

  • Twitter
  • Facebook Clean
  • Instagram
  • YouTube
  • YouTube 2