検索

不要不急の外出を

前夜は、午後8時から歌い始めて、終わるのはかれこれ9時半をまわるという大掛かりな配信ライブになりました。ごくごく当たり前に、だいたい二週間ごとにはステージにいた勘定です。でも、この一ヶ月はいろいろありすぎて、淡々と歌うには久しぶりすぎました。

まあ、だからって20曲も歌うバカもどうかなとは思いますが、やっぱり開いてみてくれている人が沢山いるようだなあ、と思うと、自然と興奮していくのでしょう。普段よりも気楽に飲める準備をしているのに、喉が乾くのも気がつかないくらいでした。

とはいえ一点、準備の至らなくて気になっていたのは、完全に音声出力の左がギター、右が歌とギター、となってしまっていたことでした。翌朝つまり今朝、いつもよりも寝坊をしましたが、最初にやったのは、職場で常時使っていた機材の仕様チェックでした。

出来るんじゃん、今まで必要としなかった機能だと思い込んでいた機能を使えば、次はイヤフォンでも違和感がない筈です。ほぼ解決です。こういった場合の僕の悪い癖は、見た目よりもずっと興奮していて、すぐ行動することです。次の機会まで、待ちます。

というわけで、ゆっくり6時に起きて、家賃振り込みです。昨日は飯田橋ではなく広い四谷に行ったのは、もしかしたら電気代の請求書が届いているのではないか?とも思ったからでした。いつもだったら26日ごろ、スタッフから請求書の写真が送られて来て、僕が振り込むのです。

案の定というか幸運にというか、請求書が届いていました。いまどきオーナーの手書きです。お会いしたことはないですが、オーナーはご健在なのです。今、この話を書き始めた理由は、四谷教室を任せていた講師が辞めてしまう旨を告知する文章をその後、書いていたからです。

それは週明けにも、シブイブログに載せることでしょう。ところで今朝は四月の中では最も疲れていましたし、珈琲豆が残り数粒だったこともあり、いささか不調でした。珈琲豆を買いに行かねばなりません。いつの間にか行かねばならないほど、お好きらしいです。

そして、御用達はドンキホーテです。東京北限板橋区のそのまた北部、志村の丘の下に、数年前にできました。ここに行かねばなりません。不要不急の外出にはあたらないのです。が、ここは恐ろしく人口密度が高くて地元でも有名です。体調のいい時にしたいくらいです。

しかし背に腹は代えられません。あの分量であの価格。他には見当たらないのです。行くしかないのです。売り場は心得ています。一階の、いっっっちばん奥です。ひい。あの入り口を突破した上に、一番奥まで行って、また手前のレジに並ぶのか。これは戦場に行くようなものです。

これまた案の定、高濃度人いきれです。土曜日の午後一番です。こーのー店はー戦場ーだからー。とマスクに向かって歌うしかありません。僕は普段だって可能な限り近寄りませんもの。おまえらいつまでも店頭狗肉のマスクもどきに群がってんじゃありませんよ。

すっかり具合が悪くなってしまいました。幸い、春の太陽光が存分に降り注ぐ午後です。ここはひとつ、荒川土手にでも行って来ましょう。これは、養生です。保養です。不要不急ではありません。2キロも北に向かって走ればそこは我らの、荒川放水路です。

我らの荒川放水路というのは、確か中学校の校歌にあったんじゃないかなと思いたち、検索したのですが、なんと見当たりませんでした。まあ。あったことにしましょう。要は学区内というか、県境です。関所のある、東京と埼玉の境目です。しかし指が滑るなあ今日は。


写真で見るのが一番呑気。人が前から後ろからざんざん流れてくるのです。

そこへ行けば陽の光をさんざん浴びて、強めの春風に吹かれて気分も御一新。となるに決まっています。そうだそうだそうしようと出向いてみたところ。考えることは皆一緒。広い河川敷ですから、もちろん相互距離は充分すぎるほどあるのですが、何せ皆、思惑は同じなのです。

空気が重い。みんなの内心が透けて見えます。これ、不要不急じゃありませんから。という緊張感がみなぎらせて、散歩に昼寝にジョグと、しかも相互不干渉でやっています。異様です。重い。僕はもう耐え難く、その場でいつものように十分間の昼寝に入りました。

なんという息苦しさでしょうか。這々の体で帰宅を急ぎます。まっすぐ帰りたかったのです。が、ただ、歯ブラシが欲しかった。どうしてもあの束売りの一本10円にもならぬ歯ブラシが欲しかったのです。ドラッグストアをはしごして、結局妥結した商品は平凡な三本組でした。

そんなわけで、帰宅したのはまだまだ明るい時間でしたが、寒気に襲われてひたすら睡眠。惰眠。快眠。元気よく19時過ぎに起きて来た次第です。つまり今日は、もともとの疲れに加えて、人疲れしたんです。どういうことでしょう。地元の街で人疲れだなんて。

でも、おかげでまた、元気に明日から無為を極める毎日に入れそうです。

30回の閲覧

© 2017-2020 ishimurafubuki All Rights Reserved. 

  • Twitter
  • Facebook Clean
  • Instagram
  • YouTube
  • YouTube 2