検索

優勝記念セイルを再販売しない理由

先月、渋谷の右翼席へお邪魔した際に、CD優勝記念セイルは、再販売の予定がないことをお話しした。


せっかくあの日なまで歌った、たかが打球だとか、22番で会いましょうだとか、金子3−3だとか、喜んでいただけたのに、それら収録されたCDを販売しない、というのは、どういう天邪鬼なんだと思われるのが普通だと思う。


実は、優勝記念セイルの収録曲のいくつかはジョイサウンドでカラオケにしているのだけども、連敗という曲の中で、実在する会社名が歌われていることと、間奏に、古い既存のメロディを使いまわしていることが問題になり、登録を却下された経緯があった。


つまらない難癖だな、と思ってからは、それら含め全ての曲をお蔵入りにしようと思っていたところ、えのきどさんのイベントにお呼ばれすることが重なり、歌ってみることがあり、はて、どうしたものか、と思っていたところだった。


今のところは楽曲を絞り込んだ小作品集としてミックスし直して、公表販売できるようにしておけば、いいかな、と呑気な結論になっている。


とはいえ、ここで流す分にはたいてい問題にはならない。だから、ブログの機能を試すために、以下に、問題の曲を貼っておいてみる。しかもライブ版であり、日時がいい。2006年6月30日だ。貴重な記録ではないか。と勝手に思っている。ここをクリックすると、開くだろうか、うまく行きますように。


うまく行かなければ、

連敗

これでどうだろう。エディタの使い方がわかっていないじゃないか、自分は。


ただしたとえそれでも、このページの主題とは別なので、あしからず以下略。

0回の閲覧

© 2017-2020 ishimurafubuki All Rights Reserved. 

  • Twitter
  • Facebook Clean
  • Instagram
  • YouTube
  • YouTube 2