検索

挨拶文を書こうと思うのだけれども

いよいよ何がどうあれ、細々とでも、闇営業レベルであろうと、ルールを作って、それに準じた形での営業再開を報じなくてはならないのです。が、これがどうも気が重いのか、なかなか書くことができず、昨日はついつい歌など作ってしまいました。

今日もそれは引き続いてしまい、またしても明日に延期かしらというところです。どうして気が重いかといえば、五月病だからに決まっています。五月だから。しかし、周囲は勢力的に動き始めています。僕もそれに乗じて、始めなくてはなりません明日こそ。


文京区に4月に届いたものが上。5月に板橋区に届いたのが下。違いがあるようですよ。みんな知ってるかしら。

思えば、ずっと一生懸命でした。決して稼ぎがまっとうではなかったからそれなりの苦悩はありましたが、毎年のように作品を作り続け残し続けてきました。これは、誰にでもできることではない数量にのぼっています。じゅうぶんサボらずやって来たに違いありません。

体力と衝動にまかせてやってきたことを、しばらくはもっと重視して優先できる生活にシフトしてみてもいいのではないかと思いました。別に褒められたものでもないけれど、人としてこれだけでは足りないと焦る理由も、実はないんじゃないかと気がついたのです。

今日はそんな気持ちで、四谷との往復をしてきました。13キロ強のようです。だんだんと、体力も回復してきた気がします。

0回の閲覧

© 2017-2020 ishimurafubuki All Rights Reserved. 

  • Twitter
  • Facebook Clean
  • Instagram
  • YouTube
  • YouTube 2