検索

江古田で東新宿でありがとう


四月の江古田マーキー、四番目ゆえに午後九時半からのライブ、ご来場ありがとうございました。

今回、飛び道具オプションとして春もののほかに、伝説とよぶ前に、を備えて臨みましたが、無事使わずに済みました。

一昨年にお呼ばれして以降、最もお店に人が多かった日になりました。折しもくまさんチームは東京三連戦。観戦でなくライブにしといても、よかったね。と思える日になりました。お琴も生で聴けて、楽しかったじゃん、江古田マーキー。六月も頼むよ。

MCでお話ししたとおり、来週木曜日はときわ台Caveにて、歌い続ける企画になりました。公演としては不完全なしろものです。だって、歌い続けることが目的なんだもん。それは見せ物じゃない。

去年オープンしたばかりで、まだまだ軌道に乗らないのが現実です。その時期だからこそ、こんな無軌道無鉄砲な企画が持ち上がるのである、という事情に乗じるわけです。

僕は、歌ってくれと言って貰えるのが、心底から嬉しいまでです。そのために長年修練してきたのですもの。

四月十二日木曜日十九時より二十二時。基本は石村吹雪が歌い続ける。入場二千円とワンドリンク。歌いたい人は、その旨お店に申請すれば、石村の代わりに歌えます。そして、その模様はインスタライブで配信。お店には来ない方にも、今こんなお店があり、このように出演者も少ないんだぜ、来てごらん。というデモンストレーションになれば、いい、というものになります。

まあ、果たしてサンプルが僕で、観る人がいるのか!店を利用したいと思う人がいるのか!

という、きっととても大事な条件をクリアしてない気はするのですが、まあ、そこは巡り合わせ。僕の気にするべきことではない、ということにします。相応しくないとなれば、他の誰かがやればいいのですもの。

僕は、歌ってくれ、と言ってくださる人の言葉は、一番に信じることにしています。

という文を書いている途中でお仕事になり、一日おいて今度は釈迦の誕生日ライブでした。僕は請われたので、正装をしてピアノを弾きに行きました。

長居は無用ということもあり、釈迦と同じ誕生日の山石敬之さんのお祝いのために、副都心線に飛び乗って、池袋へ。

昼間は正装で六回まで後楽で野球も見たので、疲れたようです。

よまいごと、の作業もすすめています。僕の中では、楽しい作品集なのですが、皆さんにとってどうであるかは、また別問題。でも、ミックスをお願いしたため、めっちゃくちゃ聴きやすいです。聴きやすいは楽しい。自分の歌じゃないみたい。内容はさておき、頼もしい人として再会出来たことをよろこばしく感じています。


59回の閲覧

© 2017-2020 ishimurafubuki All Rights Reserved. 

  • Twitter
  • Facebook Clean
  • Instagram
  • YouTube
  • YouTube 2