検索

ラブレコード


正確に書けば、LOVERECORDSです。

こちらの代表の方から最初にメールをいただいたのは、もう10年も前。からあげという歌の動画を作って載せた(しかも載せたのは僕でなかったのですが)時に、販売してみないか?とお声をかけていただきました。今思えば、スカウトではありませんか。光栄。

で今もそうですが、僕は動画を作るのは、歌を歌うことよりずっと不向きです。映像素材の吟味どころか、適切な素材がなければ、ありもしない締め切りに追われるように、無関係なもので隙間を埋めてでっち上げてしまいます。

この時はそれでも、全国の皆さんにからあげの写真を送っていただく、という珍しく計画的なものでしたが、それでも意味不明の素材が随所に挟み込まれていて、根気がないなあって思います。つまり、適切な素材を探してくるといった時間のかかることを厭ったわけです。

なので基本的に現在、カラオケも含め、動画はすべて有志の方の作品です。それこそ一銭にもならない、志しかない。そうだ、志といえば実に聞こえがいいなあ。

動画の話題はさておき。

通販のラブレコードです。もう10年、僕の作品を扱ってくださっています。今回、動画などのリンクの際に、ラブレコードの正式な表記が知りたいな、と思ったのです。だって、LOVERECORDSと名乗ってらっしゃるのですもの。こっちが勝手に好みで、ラブレコード、と表記してはいけないかもな、とふと思ったからでした。

で、改めて、改まって、問い合わせたのです。ラブレコードで、良いですか?それとも、ラブレコーズ、みたいな言い方があってますか?今まで失礼、なかったでしょうか?と。

即回答がありました。結果を言えば、ラブレコードで構わない、という鷹揚な態度でした。今後もラブレコードで統一して表記していきます。

そもそも、当初のやり取りの中で、すでに僕はいろいろ言っていたようです。北沢さんはラブレコードと名乗ってらっしゃいますが、ラブレコード、でいいのでしょうか?表記はレコーズだし、だいたいラブレコードってどういう由来の名前なのですか?と。

そう。ラブレコード、と名乗っていたのは、当の本人だったのでした。その後、ほかの人たちは、ラブレコーズさんと呼んでいたらしく、それにならって今は、ラブレコーズと読める表記で名乗っているとのこと。


で、あの頃にも書き残しましたが、ラブレコードってまあた、大げさでこっぱずかしくないのか??という問いに彼は、愛の記録。という素晴らしい直訳語を僕にぶつけてきたのでした。なるほど、おけー。ならばそれに倣います。ということになったのでした。

当時のやりとりのことを当然のようにまったく完全に忘れていたので、改めて、改まって尋ねた次第。よまいごと、でもお世話になります。5月中には販売開始予定です。

今後作るものについては、自分では在庫を持たずにラブレコードあるいは、池袋フィールドにて販売の方向で考えています。通販またはライブハウスでどうぞ。


0回の閲覧

© 2017-2020 ishimurafubuki All Rights Reserved. 

  • Twitter
  • Facebook Clean
  • Instagram
  • YouTube
  • YouTube 2