検索

何様でいこうか


最終金曜25日の夜、池袋フィールドへご来場ありがとうございました。

たしかにCD発売でしたが、僕の場合は一般と違って、それが何かの区切りになるとか、その日はそればかりになるとか、そういったことにはならないので、まあいつものように粛々と、今月歌うべき歌を歌う、という夜になりました。

久しぶりの西池袋軽音楽部でした。四ヶ月ぶりというのでしょうか。こういった試みが、発想としてまた別の人にまで波及していけば、ライブハウスのごくごく常識的な、生演奏のお楽しみの時間、が増えていって、それを楽しみにする人が増えていく、という構図が出来上がればいいわけです。とにかく生演奏を見てもらう。を目指して、がんばってみています。

相良浩司も五月上旬にご一緒したみんなとご一緒した、僕よりぐっと若い世代の人です。上手にこなすし、楽しいトークのできる人だし、のびのびやってもらえたらと思っていたのですが、言葉足らずで緊張させてしまったかなあ。と反省。振り返れば、五月はそんな月でした。僕はとにかく、僕なりに若い人に、悪くてもいいから見本としてみせられることを意識的にやってみました。これがお客さん無視、という形にならないように注意して組んだものでしたが、まあどうだったでしょう。


僕が今回のCDよまいごと、をていよく並べて聴いてもらう際に、もっとも適切と思えたのが、通番30のCD遺し書きとの抱き合わせでした。なので、見た目はちょっと楽しそうでもない曲並びになりましたが、僕の中では、遺し書きは、いつでもどこででも歌えるリストを残すための編集だったのでした。しかし、なぜそうして来なかったのかな、まあ、あのCDの発表とともに辞めちまったんだから、仕方ないよな。という思い出に浸りながら歌えるほど余裕はなく、鼻づまりの日だったので、割合必死に歌っていました。

CDよまいごと、は下手な人、のために作りました。通販のラブレコード、および無理を言って池袋フィールドに販売を委ねています。昨日いらっしゃらなかったみなさまは、どちらかでおもとめください。在庫はもう僕の手元にありません。ミックスをしていただいている霜越さんが今後会場にいて、ペンツマンレコーズ出納係長の名札をつけているかもしれません。その場合は在庫があるかもしれませんので、そちらでおもとめください。


80回の閲覧

© 2017-2020 ishimurafubuki All Rights Reserved. 

  • Twitter
  • Facebook Clean
  • Instagram
  • YouTube
  • YouTube 2