検索

それなりの一年


誕生日が来た。これは予約投稿だから、本当に来るのかはわからないけども。無事に来たら五十だ。

なんてこった。正直学校を出てからの未来はすべて想定外だ。想定外のまま五十歳だ。


会社員時代に、人生なめてるでしょって真顔で言ってくれた先輩もあった。これ売ってどうなるの?月の稼ぎ?次の月は?と呆れた同級生もあった。そうさ実際に、生き延びるだけで精一杯だった。ようやく稼げるようになったなと思ったらもう、去年だった。

そしてもう、五十になるならばとただひとつ、ただひとつは、希望して想像して、この一年を過ごしてきた。

四十九の誕生日ライブよりは、自分が納得のいく五十の誕生日ライブを迎えてやろうと。

とても低い目標だけれど、そのためにしたことが、この一年で山ほどあった。積極的に諦める関係もあれば、忘れられない出会いがいくつもあった。おかげで今年は、笑って迎えられそう。

一年の計なんてそんなもんでよかったのかと、やっと気がついた。

それなりの一年を、また重ねていく楽しみを知った。生きてるってなかなか、いい。


45回の閲覧

© 2017-2020 ishimurafubuki All Rights Reserved. 

  • Twitter
  • Facebook Clean
  • Instagram
  • YouTube
  • YouTube 2