検索

平成もあと半月か


だからかしらん。わたしの平成がまたひとつ。届いた。

ぼくのお客さんがたは、半径十年の中にほとんどおさまる、同年代の人たちと言って差し支えないと思う。

だから、それぞれの平成30年間の記憶はだいたい、間違いなくお持ちだ。前述の一編も感動だった。なんでもいいのよ、べつに全面的に誇れなくていいのよ。胸を張れなくても、いいのよ。確かに生きた。その記録だけでいいのよ。

ぼくは自らの作品の系譜をなぞった一編と、おしかけ営業に負けてローンを組んだ歴史を綴ったお勉強編を作って、昨年末からライブで歌ってきた。前者はマニアにしか分からない上に、替え歌を作ってもらうにはハードルが高いかと思って、後者を書き上げたものだった。

あーこれ、今週末のブラタケシ、世古武志にやって貰えば良かったな。流石にこんな直前になってしまったら、嫌がるだろうなあ。彼の場合はとっくにもうセットリストも決まってるだろうし。

それぞれの三十年。たまたま我々年代は20歳から50歳という時期と重なることもあるからかもしれないけれども、味わい深い。

ついでに、歌詞の体裁で文字数を合わせて、歌いやすくするという作業は、程よく頭も使うものだ。そして、トライしてみたみなさんはそれぞれ、朧げだった自分の平成時代を振り返り総括できたことだろう。

改めて、みなさんにおすすめです。平成最後のおすすめです。

わたしの平成(オリジナル)

わたしの平成 平成ゼロ年 大学デビューして 歌わなくても友達は増えた

平成元年 第二外国語 何故かフランス語メゾンでランデブ

平成五年 日曜讃歌して すねにあおたんまこちゃんは三人目

平成十年 景気と無関係 未だ定まらず少年以降で行こう

振り返るほど 笑えるのなら いいねいいわいいよ

平成十四年 家計に関わらず 君の知らない歌をうたおうと思った

平成二十年 喜びと悲しみの 区別がつかなくなって 遺し書きを書いた

平成二十五年 出会いも別れも 意味は同じだと知って 再びいたいくらべ

平成三十年 大学デビューから このたび三十年 長い長い長い春

振り返るたび 笑えたのなら いいねいいわいいよ

こんちくしょうが 生きながらえて いいねいいわいいよ


わたしの平成(お勉強編)

平成三年友達に頼まれ健康サプリメント

学生ローンは30万

平成七年百万のダイヤモンド

あとで買い戻してくれるはず約束は反古に

平成四年友達に頼まれ保険に入ったら

あいつその年に転職

だまされるほど賢くなった

いいやいいねイイヨー

平成十五年記事にしますよと

取材を受けたミニコミに広告料五万円

平成十九年看板はいかがです

光るから目立つよ五年払いの百万

平成二十年任せてSEO

三年連続三社には金を払い払い払い何も貰わなかった

だまされたなり歌えるのならいいわいいねイイヨー

死にそうだったは大袈裟だったいいわいいねイイヨー


61回の閲覧

© 2017-2020 ishimurafubuki All Rights Reserved. 

  • Twitter
  • Facebook Clean
  • Instagram
  • YouTube
  • YouTube 2